反対咬合・開咬・すきっ歯の矯正治療例(20代 女性)|巣鴨の歯医者|巣鴨S歯科矯正歯科

  • キッズコーナー・おむつ交換台完備
  • バリアフリー(車イス・ベビーカーOK)
  • JR線・三田線「巣鴨駅」1分/東京都豊島区巣鴨一丁目17番6号 MEFULL巣鴨4階

反対咬合・開咬・すきっ歯の矯正治療例(20代 女性)

反対咬合・開咬・すきっ歯の矯正治療例(Before&After)と解説

反対咬合・開咬・すきっ歯の矯正治療例

年齢・性別 20代 女性
治療期間 1年5ヵ月
抜歯 なし
治療費(税込) 957,000円
備考 反対咬合、開咬、すきっ歯

20代女性の患者さまです。骨格が反対咬合傾向の患者さまで、噛めているのは奥歯のみであり、前歯が噛んでいない開咬になっていました。また、下の歯並びが広く前歯には隙間が見られる空隙歯列の状態でした。

反対の噛み合わせの場合には、保険適応の顎変形症手術が必要になる場合もありますが、検査により矯正治療だけで抜歯も無しで治療が可能と診断しました。下顎の歯並びを後ろに送っていく治療方針で噛み合わせ、歯並びを改善するため、マウスピース型矯正装置(インビザライン)にて治療を行いました。

患者さまのご協力もあり顎間ゴムをしっかり使っていただき、良好な咬み合わせになりました。治療前には奥歯しか噛んでいなかったため、奥歯に負担がかかり歯根膜炎を度々起こし、むし歯もないのに噛むと痛いという症状がありましたが、治療後は口元の見た目だけでなく、症状も改善され、とても喜んでいただけました。

矯正歯科(ワイヤー/マウスピース)ページはこちら

トップへ戻る