マウスピース型矯正装置(インビザライン)の仕組みとは|巣鴨駅1分|巣鴨S歯科矯正歯科

  • キッズコーナー・おむつ交換台完備
  • バリアフリー(車イス・ベビーカーOK)
  • JR線・三田線「巣鴨駅」1分/東京都豊島区巣鴨一丁目17番6号 MEFULL巣鴨4階

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の仕組みとは

投稿日:2022年3月7日

カテゴリ:矯正ブログ

こんにちは、巣鴨S歯科矯正歯科です!

 

最近よく広告を目にする、マウスピース型矯正(インビザライン)

 

その仕組みがいったいどのようなものなのか、

 

みなさんはご存知でしょうか?

 

 

まずは歯並びのデータをとるところから始まります!

口腔内光学3Dスキャナー(iTero)使い、口腔内の歯列のデータを取ります。

(iTero HPより引用)

 

ほかにも検査が必要です!

更に、

・口腔内写真

・顔貌写真

・レントゲン画像

のデータをシステム上に提出します。

 

そのほかにも、CT撮影を行い、骨の状態などの把握が必要です。

 


〜〜 矯正医の腕のみせどころ! 〜〜

これらのデータをもとに

矯正医が

・治療のゴール

・歯の動かし方

・付加装置

等について治療計画をたてます。

 

そして、

海外の技術者にデータを送信し

矯正医の送った設計をもとに

コンピューター上で歯を動かし

最終的な治療のゴールまでのシュミレーション3Dモデルが作られます。

 

その3Dモデルに合わせて

マウスピースが十数枚~何十枚と作成されます。

 

1枚のマウスピースで約0.25㎜動きます。

歯の動かし方、ガタガタの性質によって、枚数は変わります。

 

歯には動きやすい方向があったり、

他の歯との重なり具合や歯の根っこの周りの骨は人によっても違っていたりするので、

出来上がってくるマウスピースの枚数は人ぞれぞれです。

 

そのマウスピースを、

1週間~10日に1回交換

していくことで

 

マウスピースに合わせて歯が動いていく、という仕組みです。

 

マウスピースの装着時間は1日20時間が目安です。

 

患者さんには

「お食事と歯ブラシの時以外ずっと着けていてください」

と、ご説明しています。

 

マウスピースは噛む面も覆われますし、

自分で取り外しが出来るくらいの硬さ、

柔らかさがある特性上、

マウスピース矯正がベストではない歯並びもあります。

 

当院で導入している

インビザライン用の口腔内光学3DスキャナーiTeroでは、

その場で簡単なシュミレーションを作成することが出来ます。

 

インビザラインにご興味、ご質問がある方はどうぞお気軽にご相談ください。​

トップへ戻る