「矯正の為に歯を抜く」理由、一生自分の歯で噛めるために|巣鴨駅1分|巣鴨S歯科矯正歯科

  • キッズコーナー・おむつ交換台完備
  • バリアフリー(車イス・ベビーカーOK)
  • JR線・三田線「巣鴨駅」1分/東京都豊島区巣鴨一丁目17番6号 MEFULL巣鴨4階

「矯正の為に歯を抜く」理由、一生自分の歯で噛めるために

投稿日:2021年12月4日

カテゴリ:矯正ブログ

 

矯正歯科治療では、歯並びを整え噛み合わせを治すために歯を抜くことがあります。

歯を適切に並べるために、スペースが必要になるからです。

 

矯正治療のために抜歯することを「便宜抜歯」といいます。

どうしても、きれいな歯並び、きちんと噛める噛み合わせの実現のためには抜歯を選択してスペースを確保することがあります。

 

歯を抜かずに並べるとすると…

 

円周を広げるように歯列を拡大したり、歯を後ろに送くったり、

歯と歯の間に0.5㎜以下の隙間を作るストリッピング(またはディスキング)という方法を何か所かで行ってスペースを確保します。それで十分改善できる場合もあります。

しかし、これらの方法には顎の骨の形などの理由で限界があります。

 

例えば、絶対に歯を抜かない!として、どんどん歯列を拡大した場合…

歯の並ぶ顎の骨の断面は土手の形をしています。歯列を拡大していくと、土手の頂点から外れたとことに歯が並ぶことになってしまいます。

土手の頂点に歯が並ぶのが、歯と顎の骨にとって一番力のバランスの良い排列なのですが、そこからズレてしまうと、歯にも顎の骨にも負担がかかってしまいます。

行き過ぎると、顎の骨から歯の根っこがはみ出してしまうことさえ考えられます。

そうなってしまうのであれば、

それぞれの患者さんの顎の骨にとって適切な位置に並べられる適切な歯の本数で歯並びをきれいにすることで、結果的に全体として歯の寿命やあごの骨を守ることができると考えます。

 

勿論、「必ず歯を抜く」という訳ではなく、検査によって得られた資料を基に分析した結果、必要とされた場合に抜歯が適応されます。

きれいな歯並びとしっかりと噛める噛み合わせでより多くの歯をより長く健康に残すことが、抜歯を選択ことするによって実現される場合、抜歯を選択させていただきます。

 

ご不明な点、ご質問がございましたら、いつでも巣鴨S歯科矯正歯科へご相談ください。

トップへ戻る